多汗症とは?手汗との関係性

多汗症

暑い所にいるわけでもないのに、汗が止まらず、多くの汗をかいてしまう多汗症。
多汗症でお悩みの方は、仕事やプライベートなど、人と会うのが憂鬱になってしまうくらい、コンプレックスとなってしまう方も多いです。

 

多汗症の人に対する周りのイメージというと

  • 余裕が無く見える
  • 不潔に感じる
  • 具合が悪いのかなと思う

あまり良いイメージではないですよね。

 

多汗症の原因について

多汗症は、現在でもはっきりとした原因が不明な場合が多いこともあり、悩ましい症状だと言われています。
ただ、一つの原因として挙げられるのが、精神的なプレッシャーやストレスといった緊張状態から表れやすいと言われています。

 

人は緊張した状況になると、交感神経が過敏になり、汗をかくスイッチが入りやすくなります。
また、恐怖を感じた時に汗をかきやすいこともあり、多汗症は発汗恐怖症とも呼ばれています。

 

体の健康との関わり

また、緊張による多汗の症状だけでなく、病気などが原因の場合もあります。
これらは循環器や中枢神経に関わる疾患によって表れることが多いようです。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると交感神経のバランスも乱れやすくなると言われており、女性の場合、妊娠や更年期といった時期に起こりやすいです。

 

生活習慣の乱れによる影響

食生活が偏っている、汗をかきやすい食事をよく食べるという場合や、睡眠時間が不足、不規則といった生活習慣の乱れによって、自律神経に影響があり、交感神経が過敏に反応しやすくなると言われています。

 

多汗症と手汗は関係があるの?

多汗症の場合、脇の下、手のひら、足の裏、頭部などに多く汗をかきやすくなります。
そのため、手汗がひどい場合、多汗症の可能性も考えられます。

 

手汗がひどく、多汗症と診断された場合、手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)となります。
手汗は大人だけがなる症状ではなく、小さなお子さんや10代くらいから手汗に悩んでいる方も多いです。

 

手掌多汗症の目安として

  1. 手が湿っている程度で触ると汗をかいているのがわかり、光に当てると汗が反射するレベル
  2. 手に水滴ができるくらい汗をかき見た目でも汗が判別できるレベル
  3. 水滴の量が多く、汗が滴り落ちるレベル

上から下へとレベルが上がり、ひどい場合には病院での治療を受ける必要があるケースもあります。

 

手掌多汗症の治療は何科で診てもらうの?

手掌多汗症は基本的に皮膚科、美容形成外科、整形外科などで診てもらいます。
ただ、そして他の病気が考えられる場合には、内科で診察を受けた後でも良いかもしれません。
皮膚科などでは、カウンセリングの後に薬物療法や手術といった手汗を止めるための治療が行われます。
基本的には薬と制汗剤を使用して様子を見るというが多いです。

多汗症の原因には肥満や喫煙といったものも含まれており、生活習慣や健康面に配慮した行動に改善することも必要とされるケースがあります。

 

今すぐ手汗を止めたい方のための制汗剤

手汗専用制汗剤|ファリネ

手汗専用制汗剤のファリネ

ファリネは手汗が出る汗線のエクリン線に作用する手汗専用制汗剤です。
成分にはナノイオン制汗成分(ACH)・天然ビタミンE・ナノイオン微粒子・麻セルロース末・ミリスチン酸マグネシウム・セリサイト・植物性スクワランを配合し、汗を抑えながらも手のひらに優しいパウダータイプです。

 

クリームやローション、スプレーなどと違い、塗ってすぐ汗を吸いながら、乾くので、仕事中など今すぐ手汗を止めたいという時に塗っても、ベタつかず便利です。

 

多汗症のお悩みは簡単に改善しないことで、お悩みの方も多いですが、仕事など生活に支障が少ない手汗専用制汗剤があるというのは便利です。
医師のアドバイスや治療と並行しながら、急な手汗を止めるのに役立つアイテムとしてチェックしてみてくださいね。

 

ファリネ公式サイト