手汗の悩みと自律神経の関係について

手汗の原因

手汗の悩みと自律神経には深い関係があるといわれています。

 

人間には生命維持活動のために「副交感神経」と「交感神経」という2種類の自律神経が備わっており、両者が入れ替わりながら呼吸・消化・発汗といった身体の反応をコントロールするようにできています。

 

自律神経が手汗に与える影響とは?

手汗をかくとき、多くの場合は交感神経優位の状態にあります。

 

交感神経は、身体を運動に適した環境に整える役割を担っており、主に日中に活発に働きます。

 

体温調節の働き

そして、その中の役割の一つに、汗を出すことで体温を適性に保つというものがあります。

 

つまり、極度の緊張にさらされたり、興奮状態に陥ったりしたとき、身体と脳にこもった熱を汗として体外に排出しようとした結果が大量の手汗となって現れるのです。

 

手汗を抑えるための簡単な対策方法

手汗の原因

自律神経は人体の生理的な現象ですから、意識的にコントロールするのは難しいようにも思えますが、誰にでもできる簡単な解消法があります。

 

緊張やストレスを感じたら、まずはゆっくりと深呼吸をしましょう。

 

心身が安らいだ状態にあるときには交感神経の働きが抑えられ、リラックス神経である副交感神経優位の状態に変わります。

 

過剰な汗をかく人は呼吸が浅いというデータもありますので、普段から深い呼吸を意識しておくと不快な手汗を軽減できるかもしれません。

 

 

手汗の原因