手汗の悩みの原因のひとつ、手汗症とはどのような症状なのか?

手汗の原因

手汗症の症状は、手の平が異常に発汗している状態で、パソコンやスマートフォンの操作がしにくかったり、人と握手をするのに抵抗を感じたり、教科書やノートなどが汗で濡れてしまうので悩んでいる人が増えています。

 

脇にかく汗とは違って、精神的なストレスや不安、緊張を感じた時だけでなく、リラックスしている時でも手汗をかきやすいのが特徴です。

 

夜に就寝をしている時は、あまり手汗をかかないことが多いです。

 

手汗症の原因とは?

手汗症の原因は、手汗の原因になっているエクリン腺の働きが活発になることで起こりやすくなります。

 

手汗の悩みを人に相談をしても、汗かきだという印象を持たれるだけで、治療を勧められることは少ないです。

 

手汗症の症状に悩んでいる人は、専門クリニックに通院をすると汗の発汗を抑える外用薬を処方してくれるので、しばらくの間は続けてみると良いでしょう。

 

専門治療に加えて使いたい制汗パウダー

手汗が原因で日常生活に支障をきたしている場合は、ボツリヌス菌を患部に注射するボトックスによる治療を受けることで、辛い症状が改善することが多いです。

 

信頼できる医師に不安や悩みを相談すると、適切な治療法を提案してくれます。

 

普段の生活では、過度にストレスを溜めないようにしたり、軽症の場合は発汗を抑える制汗パウダーなどを利用すると良いでしょう。

 

べたつきを抑えたサラサラとした使い心地の制汗パウダーは仕事中に使っても資料などに移るようなことが無く使えるので普段の生活の中で役立ちます。

 

 

手汗の原因