冬の手汗の原因と対策方法

冬は寒く汗をかきにくいはずなのに、手汗が止まらないと悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

 

冬は他の季節よりも洋服を重ねて着る季節で、建物内の温度と外の気温が極端に違う点もあり、体温調節のために体が反応してしまうことが挙げられます。

 

季節を問わず起こる手汗の原因

手汗が出る原因として考えられるのは、二つの原因があると考えられます。

 

緊張による手汗

まず一つは、緊張によって手汗をかいてしまうことです。

 

人間は緊張すると汗をかくようになっているため、大事な会議の前や、特別な場面ではいつも以上に手汗をかいてしまうことがあります。

 

対策方法は、なるべく緊張しないようにリラックスする時間を作ったり、事前に音楽などを聴いて心を落ち着かせるようにしましょう。
また、気にしすぎると余計に汗をかいてしまうこともあるので、なるべく意識しないようにすることも大切です。

 

自律神経の乱れによる手汗

二つ目は、ストレスや生活習慣の乱れによって、自律神経が乱れていることです。

 

自律神経が乱れていると、汗を出す機能も不安定になってしまうため、手汗をかきやすくなってしまいます。

 

特に夜型の生活をしていたり、きちんと食事をとっていないと、自律神経にも影響が出やすくなります。

 

制汗剤などを使う対策方法もありますが、自分の生活習慣を見直して、悪影響になっている原因をしっかりと突き止めるようにしましょう。

 

症状が治らない場合には、多汗症などの病気の疑いもありますので、早めに専門のクリニックに相談して治療するようにしましょう。

 

 

手汗の原因